つらい瞬間と向き合いながら、日々ヘトヘトな四十路養育

私が乳児を生んだのは36才の日数。
小さく生まれた乳児もすくすくと成長し、今ではリッチに1人で現れ回れるほどになりました。
目下本人所感もしっかりとするようになり、これが俗にいう「イヤイヤ期」の発祥なのかしら?と感じています。

少し前までは日々きる服も妻です私が選んで着せていたのですが、最近はもっぱら自分で「アカ~!(=赤い服!)」「にゃんにゃん!(=猫の図が描かれた服)」というように毎日の服セレクトにまで執念を持って主張して来る。

服だけならまだいいのですが、ご飯の時刻がこれまたマジ。
自分の手を使って、スプーンやコップを保ちたがるので、毎食こぼされても喜ばしい状態で待ちしながらご飯を見守っている。
当然摂るのにも時間がかかるし、状況も大変です。何よりメニューも「はっぱごはん!(=菜っ葉ふりかけご飯が望ましい!)」というようにリクエストなるのでせっかく違うものを作っていてもなだめて食べさせるまでにとても時間がかかるのです。

イヤイヤ期は児童の訓練の為にとても肝心だということは胸で理解していますが、これからそういった状態が3才うちまで貫くのかと思うと少しゲッソリ。
アラフォーママにとっては日々スタミナ全開でヘトヘトになりながらの子育てだ。

数年次、あのところは大変だったなぁと思い返すようになるのかな。
そんなことを考えると今のこういう一大ご時世をゼロ秒も見逃さずに過ごしたい、そう思えてくるから不思議です。
毎年成長する良い乳児。多少のことはまぶたをつむって、笑顔で乗り切れたら良いなと思います。タップル誕生の口コミが知りたい。